長岡花火チケットが取れなくても…無料観覧席への行き方と開場時間

2019年の長岡花火大会は、5月6日(日)から、まずコンビニで先着チケットが販売開始となります。

その後、順次観覧席のチケットがスケジュールに沿って販売されるわけですが、コンビニ以外のインターネット・郵送申し込みは抽選となります。

チケット抽選に外れた…、申し込んでないけどやっぱり観に行きたい!
という人もいるでしょう。

ただ、チケットを持っていないと長生橋から大手大橋の間にある幾つかの土手への道には入ることができません。
スタッフがひとりひとりのチケットをチェックしています。

なので、地元民である私が右岸限定ではありますが、チケットを持っていなくても堤防上の無料観覧席へ迷わず行く方法を伝授しましょう~♪

スポンサーリンク

長岡花火の無料観覧席ってどんな席?

長岡花火のチケットが取れなくても諦めることはありません!
無料観覧席もあるのでちゃんと行くことができれば会場内で観ることができますよ。

無料と言っても侮るなかれ!!

右岸の長生橋上流の無料席は「さいわいプラザ(旧長岡市役所)」の裏手の土手で、三尺玉が目の前に上がります
その迫力は、有料席の比ではありません。

音も大きさも、今まで聞いたことも見たこともないスケールなんです。

同じく右岸のフェニックス観覧席近くの無料席はフェニックスが最高によく観えます
有料のフェニックス席と遜色ないですよ!

下の会場図のサーモンピンクの部分が無料席です。
↓ ↓

無料観覧席の開場時間はお昼の12時です。
可能であれば12時になったらできるだけ早く場所をとるのがおすすめ!

我が家は毎年、仕事が終わってから会場に行くので7時頃になりますが、それでもちゃんと座れます。
皆さんお互い様なので、ちょっとシートをずらしてスペースを作ってくれたりします❤

場所取りは、シートが飛ばないようにしておけば、花火の時間まで場所を離れても大丈夫です。
シートは石など硬くて転がると危険なもので押さえるのは禁止です。
ガムテープで留めてる人が多いですね。

無料観覧席の場所取りの様子。
↓ ↓


長岡市 (トリップアドバイザー提供)

昨年(2018年)、フェニックス側の無料席から撮影したフェニックスです。

長生橋上流の無料席への行き方

■車で行く場合

さいわいプラザの駐車場(駐車料金2,000円・400台)に車を止めて、徒歩で行くことができます。

こちらがさいわいプラザから長生橋上流の無料席への徒歩ルート。
土手をめがけて歩いて行けばすぐに着きます♪

■長岡駅から行く場合

新幹線などで長岡駅に降りる場合は、駅から行きますよね。
歩くとかなりあるので、長岡駅からはタクシーがおすすめなのですが、掴まらないことも…。

行先は「長岡工業高校の辺り」が目印になっていいです。
長岡工業高校はさいわいプラザの隣です。

さいわいプラザから歩くより少し土手に近いです。

土手に上がったら好きなところにシートを敷いて観覧できますよ。

ここから観る三尺玉は、どこよりも音も花火も大きくて体中にズドーーンと響く感じです。
ぜひ、体感してみてください!

スポンサーリンク

フェニックス観覧席近くの無料席への行き方

こちらの無料席は長岡駅から徒歩で行くのがおすすめです。

大手大橋の手前の右手の側道へ進んでいきます。
そうすると右手に土手へ続く坂道があるので、そこから土手へ上がると到着します。

まとめ

長岡花火の無料観覧席(右岸)への行き方をご紹介しました。
無料といっても有料席と変わらない迫力の花火を観ることができます。

チケットが取れなかった、行くつもりなかったけど行ってみようかな?という方はぜひ参考にしてくださいね!

⇒ 長岡花火の無料の穴場スポット詳細 赤ちゃんや子供連れにおすすめ!地元民情報♪

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
長岡花火情報
スポンサーリンク
きなこをフォローする
まめメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました