壁への猫の爪とぎ防止に腰壁はいかが?おしゃれな腰壁Batten wallとは?

2019年お正月・・・今年初のDIYで猫の爪とぎ対策としてリビングに腰壁を造りました。
猫を飼うようになってから届く範囲がすべて爪とぎでボロボロ…。

ただ新しい壁紙を貼り替えるだけではあっという間に爪とぎされることは予想できたので、猫が爪研ぎしないような、それでいておしゃれな腰壁を!と考えました。

腰壁って板を縦に並べて貼っていくのが定番。

こういう腰壁もいいのですが、これだと板をかなり使うのでコスト的には高くつくし、あまりにも普通過ぎるのがちょっと…という感じ。

そこでいろいろ調べていて行きついたのが「Board & batten wall」でした!
「Batten wall」とも言います。

スポンサーリンク

Board & batten wallってどんな腰壁?

ボード・アンド・バッテンウォール、海外ではよくある腰壁です。
壁の下半分とか、上まで全部などいろいろです。

 

board(ボード)は板ですよね。
batten(バッテン)は「当て木」「小幅板」「目板」という意味だそうです。

なるほど!

我が家のリビングのBoard & batten wallです。
↓ ↓

こちらはリビング続きの元和室。
↓ ↓

我が家のはとてもシンプルですが、モールディングを付けたり、フックを付けてバッグやタオル、コートなどを掛けられるようにしたりと使う場所によっていろいろアレンジできます。

   

 

子供一人ずつのスペースとしてこんなアイデアもあるんですね♪

 

 

高さや色を変えるとイメージががらりと変わりますよ!

   

猫の爪とぎ対策腰壁Board & batten wallの作り方

調べてみるとこの腰壁の作り方には2通りあって、真ん中の四角い部分を壁紙にする方法と、その部分も板を張る方法がありました。

コスト的には壁紙にした方が安上がり。

我が家は表面強化壁紙です。
これは玄関ホールに使ってみたところ、猫が爪とぎをしてもほとんどキズが付かず…というより、とぎ心地が悪いのか表面強化壁紙では爪とぎ自体をしなくなりました。

ちなみに我が家が使っているのは左上のLW-297です。
つるんとした真っ白な壁紙なので板と組み合わせても違和感なしです。
↓ ↓

腰壁に壁紙で色を使いたければスーパー強化のこちらがおすすめ。
↓ ↓

 

表面強化壁紙は特殊な表面加工がしてあるため、ペンキが乗りにくいそうです。
なので、最初から色壁紙を使うのがいいと思います。

壁紙では希望の色がない!!という場合は、真ん中も板を張って好きな色を塗るという方法があります。

もちろん、猫の爪とぎ対策が必要なければ普通の壁紙を使ってOK!
白い壁紙に好きな色を塗ってもいいし、初めから色壁紙を使って板を壁紙の色に合わせて塗ってもいいですね。

でも、壁紙と板に同じペンキを塗るほうが色の違いが出なくていいかもですね~。

作り方はとっても簡単!

この腰壁の作り方はとても簡単なんです。

 1  まず真ん中の強化壁紙を貼ります。
床から90センチ弱のところまで、隙間なく貼ってもいいのですが節約のため板が付くところは隙間を空けました。

 2  次に床と壁の境に「巾木」となる板を張ります。
両面テープと木工ボンド、そして壁の下地のあるところにはスリムビス(細ビス)でくっつけました。

ビスは板の厚み(9ミリ)+石膏ボードの厚み(12.5ミリ)より10~15ミリ長いもの(30~35ミリくらい)がおすすめです。

 3  縦の板を張ります。

 4  上の横板を張っていきます。
板の隙間はパテで埋めましょう。

 5  あとは板にペンキを塗って完成です!

 

ただの壁紙だったときは猫が爪とぎ放題でボロボロだったのが、この腰壁にしたところあれから5か月程経ちますが1ミリも爪とぎされていません。

材料はシンプル!低予算で完成します

安く上げるために、私は厚さ9ミリのシナベニヤをカットサービスを使ってすぐにDIYできるようにカットしてもらいました。

材料費はどのくらい?

使った材料は

・シナベニヤ  7,500円
・ビス・木工ボンド・ペンキ・マステなどはもともとあるものを使ったので正確な材料費は不明

1万円ちょっとでできると思います。

シナベニヤはいつも利用している楽天の北零WOODで材料を揃えました。

・シナベニヤ 準両面厚さ9mmx巾915mmx長さ1825mm  3,569円(税別)
・シナベニヤ 準両面厚さ9mmx巾450mmx長さ1825mm  2,049円(税別)
・カット代  無料(直線カットは無料です)
・送料  1,500円

板だけだと送料込みで約7,500円でした。

 
ちなみに近所のコメリだと

・シナベニヤ9mmx巾915mmx長さ1825mm  3,980円(税込)
・9mmx巾450mmx長さ1825mm  2,580円(税込)
・カットサービスは不明(たぶん1カット30円~50円くらい)
・送料は車に積めれば無料(軽トラの無料貸し出しあり)

カットしてもらうとしたら1,000円くらいかかると思うので、こちらも約7,500円。

シナベニヤは表面が滑らかでそのまま内装に使えるキレイなものですが、普通のベニヤならこの半額くらいです。
でもトゲトゲしてて滑らかじゃないしささくれになりそうな感じ。

北零WOODは楽天の木材を扱っているショップの中では品質も価格も良心的なので私はほぼここしか利用しません。

それに何といっても北零ウッドのカットサービスは精度±1ミリで、とても正確にカットしてくれるのでお気に入りショップです。

以前、コメリのカットサービスを利用したら数ミリの誤差があったりしてちょっと困ったことがありました。
カットしてくれる人の腕にもよるのかな?

カットの正確さは仕上がりに影響するにゃ!!

通販のいい所は店舗に出向かなくてもゆっくり考えてショッピングできて、家まで届けてくれること!
特に重い木材などは助かりますよね!

通販と実店舗で価格がそれほど変わらなければ通販がいいね!

リビングの雰囲気を変えたい、猫の爪とぎ対策に悩んでいる・・・という方はBoard & batten wallをぜひ検討してみてくださいね。

板の巾や間隔、高さを変えたり、デザインを変えたり、色を変えたりするだけで全然印象が違ってくるのでとても面白いですよ♪

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました