クリスマスツリーをマスキングテープで壁に 形をきれいに作る簡単な方法

クリスマスツリーはクリスマスの雰囲気を盛り上げてくれる代表的なアイテムですよね。
でも、ツリーを出して飾りつけをして、終わったら片付けて…って正直すご~~くめんどくさい、部屋が狭くてツリーを置くスペースがない、小さい子供やペットがいていたずらされると危ない…など様々な理由でクリスマスツリーを飾ることを断念している人も多いはず。

でも、やっぱりクリスマスにはツリーを飾りたい!!

そんなときにおすすめなのが「マスキングテープを使って壁にクリスマスツリーを飾る方法」です♪

部屋に入ってすぐに目に飛び込むマステツリーはキレイな形で作りたいもの。
簡単に綺麗な形のマステツリーを作る方法とは?

スポンサーリンク

クリスマスツリーをマステで壁に!ってどんな感じ?

まずは実例を見て見ましょう~!
眺めているだけでテンションが上がる可愛らしさなんです。

私がいつも眺めているお気に入りピンタレストからどど~~んと画像を集めてみましたよ。

まずはいろいろなマステクリスマスツリー。

 

シンプルだけどカラフル!工夫次第でもっと華やかになりますね。

 

モノトーンのツリーはライトアップでおしゃれに。

 

こちらもモノトーン。
葉っぱはマステをクロスさせて。

 

なんか可愛い・・。

 

葉っぱがたくさん!大作のツリーです。

 

部屋のコーナーを利用して。

 

マスキングテープでクリスマスツリーの作り方

用意するものはマスキングテープだけ。
ですが、より華やかに可愛らしくするために軽いオーナメントやイルミネーションライトなどがあるといいですね。

 

クリスマスまでのカウントダウンも楽しいマステツリーのカレンダーとか。

 

いずれも100均で揃うもので充分です。
マステは無地や柄のものなど様々、巾も細いものから太いものまでたくさんあります。

ついつい迷ってしまってたくさん買っても大丈夫!
クリスマスツリーだけじゃなく、お正月飾りやひなまつりの飾りなどにも使えるんですよ。

クリスマス柄のマステなんかもあるんですよ♪かわいい!

マステできれいな形のクリスマスツリーを作るコツ

紙の上に定規で測って描くのと違って、大きな壁面にマステできれいにクリスマスツリーを描くのって、なかなか難易度高し!です。

水平にしているつもりでも左右のどちらかが下がってしまったり、中心が斜めってしまったり…。

そこで、きれいな形のクリスマスツリーをマステで作る簡単なコツをご紹介します♪

クリスマスツリーの形は人それぞれ好みがありますよね。
スーッとスリムなツリー、横幅がしっかりあってどっしりとしたツリーなど、いずれも綺麗な形のポイントは「二等辺三角形」にすることです。

そのくらい知ってるニャ!

それを壁に再現するのが意外に難しいんだよ~!

では、ちょっとしたひと手間でマステのクリスマスツリーを上手に作るコツです。

形のきれいなマステツリーを作るコツその1 ツリーの中心を決める

まずツリーの頂点と、そこから垂直に降りたところがツリーの中心になります。
水平器や5円玉に糸を通したものでしっかり垂直を出すといいですね!

マスキングテープのクリスマスツリー作り方

形のきれいなマステツリーを作るコツその2 ツリーの形を決める

スリムなツリ―を描きたい場合は頂角を30度くらいに…といっても分度器で測ったりするのはとってもめんどうなので、底辺1に対して高さを2にするといいでしょう。

幅広どっしりのツリーにしたいなら底辺と高さは同じにするといいですね。

マスキングテープのクリスマスツリーの形

で、この二等辺三角形のままでOKならマステで頂角から底角へマステをピーっと貼ります。

形のきれいなマステツリーを作るコツその3 枝を作る方法

三角形のままのツリーでもいいですし、枝?を作るなら下の図のようにします。
言葉で書くのが難しいので画像ですみません。

枝の内側に基本の形がピッタリ納まるようにするとバランスのよいきれいなツリーができますよ♪

マスキングテープのクリスマスツリー作り方

この枝を作るのが意外にむずかしいんだにゃ…?

マスキングテープで壁にクリスマスツリーを作る方法まとめ

いかがでしたか?
マステでクリスマスツリーを壁に作る方法は今ではすっかりクリスマスデコレーションの定番になっていますが、きれいな形のマステツリーが作れるとかなりテンションが上がります。

クリスマスまであと2ヶ月、私もマスキングテープのクリスマスツリー作ります!
今年はどんなデコレーションにしようかな?シンプルなのがいいかな?と考えるのも楽しいですね。

DIYアイデアインテリア
スポンサーリンク
きなこをフォローする
まめメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました