抗がん剤TC療法2クール目 気になる治療の費用はいくら?明細あり

1回目の抗がん剤TC療法から3週間後の12月4日、2クール目の治療日でした。

点滴の前に血液検査と尿検査、その結果が1時間後に出ると婦人科の診察を受けて、治療開始です。

さてさて、1回目は大した副作用もなく最後までこの程度で終わってくれたら…と期待しているのですが、2回目はいかに??

スポンサーリンク

血液検査 2回目はどうなった?

一部ですが、結果が思わしくなかった項目を。
赤字は正常値より低い数値、青字は平常値より高い数値です。

白血球数は高い方がよくないんですね。

検査項目 1回目結果 2回目結果 下限値ー上限値
ALT(GPT) 35 28 7-23 肝臓障害で血液中に流れる量が増えると高くなる。肝細胞の障害の程度を調べる。
γ-GTP 47 61 9-32 肝・腎・膵臓の細胞に障害がおこったり、胆道系に閉塞がおこると血液中に流れ出てくる。
TP 5.7 6.3 6.6-8.1 血液中のすべてのたんぱく量。大半はアルブミンとグロブリンの2つのグループで、肝臓で生産されている。
ALB 2.9 3.5 4.1-5.1 総たんぱく質の約70%を占めるたんぱく質。
赤血球数 354 379 386-492 血液の1マイクロリットル(1mlの千分の一)中に含まれている赤血球の数。貧血の程度を調べることできる。
血色素量 10.1 11.1 11.6-14.8 血色素(ヘモグロビン)は赤血球の大部分を占める成分。貧血の判断材料となる。
白血球数 53.7 56.1 33-86 細菌感染や炎症から身体を守る働きをする成分。高い場合は細菌感染や白血病、癌の疑い。
​白血球数以外は前回よりいい結果となりましたが、やっぱり先生が「白血球はもう少し上がるよ。」と言ってましたので、これも抗がん剤の影響ですね。

腫瘍マーカーはどうなってるの?

1クール目の血液検査では腫瘍マーカーの項目がなかったのですが、今回はありました。

ちなみに腹胸水を抜くための入院日(10月23日)の腫瘍マーカーは「え?ぜったい間違ってるよね??」レベルの超異常値でした。

今回の結果ではCEAは基準値に治まりましたが、CA-125と特にCA19-9はだいぶ下がったとは言えまだまだ異常値ですね…。

腫瘍マーカー 10月23日結果 12月4日結果
CEA 21.3ng/ml 4.7ng/ml 基準値は0.1~5.0、20以上で高度上昇
CA-19-9 68,232.9U/ml 1,200U/ml 基準値は37以下、100以上で高度上昇
CA-125 2,564.4U/ml 163.4U/ml 基準値は35以下、100以上で高度上昇

外来抗がん剤治療の気になる治療費は?

月も替わって初めての外来だったので、高額医療の限度額がリセットされます。
今日の明細が正確な抗がん剤の治療費になります。

はぁ~。。。今月あと1回2万もかかるのかーー!!
CTも2回あるし、お金かかりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました