ペットキャリーバッグ買いました!布製のおしゃれなモノトーンです

猫や小型犬を飼っている人にとっては必需品のペットキャリー。

我が家ではプラスチックのピクニックバスケットで代用していたのですが、小さくて窮屈そうなのでちょっとかわいそうでした。

すがにちゃんとしたのを買わないと!
ということで、4匹目にしてやっと購入を決意しました。

 

スポンサーリンク

我が家が選んだペットキャリー

選んだのはパッと見はペットキャリーに見えないおしゃれな布製の千鳥格子のボストンバッグ型です。

かわいいですよね。

内側はヒョウ柄になっています。
底に敷いてあるボア素材のマットは取り外し可能なので汚れたら洗えます。

サイドにメッシュ付きの窓があって、中の猫ちゃんの様子がわかりますよ。

千鳥格子のペットキャリー レビュー♪

3キロ超えの我が家の三毛猫「きなこ」を入れてみました。
画像ではピタッと入っていますが、周囲には余裕があります。

8キロのペットまで対応しているそうです。

猫は箱とか袋とかバッグとか入れるものがあればとりあえず入ってみるという習性があります♪

我が家の猫たちもみんな興味津々で入れ替わり立ち代わり入っていました。

このキャリーバッグを使ったことがあるのは、5キロの白黒ハチワレ猫「ココア」と、三毛猫「きなこ」です。

 

 

しまってあったキャリーバッグを出した時は自分から進んで入ったので、「しめしめ病院連れて行くの楽勝だわ~」と車に乗せたところ、2匹ともバッグの中で大声で鳴きわめいていました(;^_^A

病院に着いても待合室で鳴きわめき、帰りの車でも鳴きわめき、帰って来てからバッグを開けたらものすごい勢いで飛び出して逃げていきました。

それから、このバッグを出すと慌てて隠れます(;・∀・)

 

使っていて特に不満はありませんが、夏など暑いときはバスケットや籐かごと違って風通しがよくないのでフタはメッシュだけにしておいたほうがいいです。

できれば、ショルダーにもなるようにショルダーストラップが付いていたらいいなと思います。

 

バラエティ豊かなペットキャリー

私がペットキャリーを購入する際に候補に挙がったものをいくつかご紹介します。

 

リュック型ペットキャリー

背中に背負うことはもちろん、前抱っこ式にもできるシンプルなデザインのペットキャリー。
通気性のいいメッシュのフタと出入り口、防水生地で特に底部の防水加工は強化してあります。

サイドのポケットには財布や診察券を入れることができます。

 

ドット柄のショルダー型ペットキャリー

こちらは大きめドットがかわいいショルダータイプです。
布製は柔らかくて軽いところがメリット。

 

ラタン製ペットキャリー

ベッドとしても使える籐のペットキャリーです。
通気性がよく、部屋に出しっぱなしにしてもおしゃれな籐製は憧れ♪
お値段もそれなりですが、ひとつひとつ手で編まれていることを考えれば納得です。
カバーが付いているので猫ちゃんの外出も安心です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました