フィギュアグランプリシリーズの仕組みと2019年の日程 ファイナル進出予想は?

いよいよ今年もフィギュアスケートシーズンがやって来ました!
国際フィギュアスケート連盟(ISU)のグランプリシリーズはアメリカ、カナダ、中国、フランス、ロシア、日本で開催される6大会があります。

私も何となくしかグランプリシリーズの仕組みがわかっていなかったので、頭の中を整理するためにまとめてみました。

フィギュアスケートグランプリシリーズをより楽しんでいただけたら嬉しいです♪

スポンサーリンク

フィギュアスケートグランプリシリーズとは

先ほど書いたようにフィギュアスケートグランプリシリーズは国際スケート連盟(ISU)主催の国際大会です。

アメリカ、カナダ、中国、フランス、ロシア、日本の6か国で開催される大会と、この6大会で獲得したポイント数の上位6選手が出場できるグランプリファイナルを「グランプリシリーズ」といいます。

グランプリシリーズへの出場資格を得た選手は6大会のうちの2大会まで出場できます。

フィギュアスケートグランプリシリーズの仕組み

グランプリシリーズはエントリーすれば誰でも出ることができる大会ではなく、出場資格を獲得する必要があります。
出場資格を得た選手は6つの大会のうち2つまで出場することができ、順位による獲得ポイントで上位6選手だけがグランプリファイルへ進むことができます。

グランプリシリーズ6大会の出場資格とは?
そして、グランプリファイナルの出場資格とは?
男女シングルを例にお伝えします♪

フィギュアスケートグランプリシリーズ出場資格

出場資格要件はシーズンごとに発表されますが、前年度の成績やISU世界ランキングなどの上位選手が出場資格を得ることができます。

シード選手と招待選手

シード選手は2019年3月20日~24日に開催された世界フィギュアスケート選手権の上位6選手で、グランプリシリーズ2大会への出場資格があります。
どの大会に出場するかはくじ引きによって決まります。

男子シングル
第1位:ネイサン・チェン(アメリカ)
第2位:羽生結弦(日本)
第3位:ヴィンセント・ゾウ(アメリカ)
第4位:宇野昌磨(日本)
第5位:ボーヤン・ジン(中国)
第6位:ミハイル・コリヤダ(ロシア)※出場辞退
女子シングル
第1位:アリーナ・ザギトワ(ロシア)
第2位:エリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)
第3位:エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)
第4位:紀平梨花(日本)
第5位:坂本香織(日本)
第6位:宮原知子(日本)

他にも過去10年間の世界選手権で上位6位に入ったことのある選手も1度だけ出場資格を得ることができます。

招待選手は、世界選手権で7位から12位に入った選手でミニマムスコアを満たしている選手が2つの大会の出場権を獲得でき、ISU世界ランキングで上位24位までの選手、または昨シーズンのベストスコアでミニマムスコアを満たした上位24名の選手が1つの大会の出場権を獲得できるなどいくつかの決まりがあります。

グランプリファイナル出場資格

グランプリシリーズ6大会のうち2大会まで出場し、1位から8位となった選手にはポイントが付与されます。
獲得したポイント数の多い上位6選手だけがグランプリファイナルに進むことができます。
同ポイントの場合は最高順位が高い選手が優先されます。

付与されるポイント
1位:15ポイント
2位:13ポイント
3位:11ポイント
4位:9ポイント
5位:7ポイント
6位:5ポイント
7位:4ポイント
8位:3ポイント

くじ引きで出場する大会が決まるって…。
羽生君、ネイサン・チェン選手とは違う大会になるといいんだけど。

獲得ポイント大事だもんね!

フィギュアスケートグランプリシリーズ2019の日程

2019年のグランプリシリーズは10月18日(金)のアメリカ大会を皮切りに、イタリア・トリノで12月5日から始まるグランプリファイナルまで。

第1戦 スケートアメリカ 開催地:ラスベガス

■日程
2019年10月18日(金)~10月20日(日)(日本時間)
男女のシングルSPは19日、男女のシングルFSは20日

■日本人出場選手
男子:友野一希、島田高志郎
女子:坂本花織、樋口新葉、山下真瑚

他には女子はトリプルアクセルを跳ぶロシアのベテラン選手エリザベート・トゥクタミシェワや、国際スケート連盟(IUS)史上初となる4回転サルコーに成功したエリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)、4回転ルッツを跳ぶ15歳のアンナ・シェルバコワ(ロシア)に注目です。

男子は2018、2019年世界選手権を連覇したネイサン・チェン(米国)、親日家で知られ日本語もお上手なジェイソン・ブラウン(米国)、オータムクラシックの表彰式で羽生くんのために日本の国旗を広げて持っていてくれたエピソードで注目されたキーガン・メッシング(カナダ)など。

この投稿をInstagramで見る

スポナビフィギュアさん(@sportsnavi_figure)がシェアした投稿 -

第2戦 スケートカナダ 開催地:ケロウナ

■日程
2019年10月25日(金)~10月27日(日)(日本時間)
男女のシングルSPは26日、男女のシングルFSは27日

■日本人出場選手
男子:羽生結弦、田中刑事
女子:紀平梨花、本田真凛

平昌オリンピック銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)、5種類の3回転ジャンプと3種類の4回転ジャンプを跳ぶアレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)といった選手にも注目です。

第3戦 フランス大会 開催地:グルノーブル

■日程
2019年11月1日(金)~11月3日(日)(日本時間)
男子のシングルSPは1日、FSは2日
女子のシングルSPは2日、FSは3日

■日本人出場選手
男子:宇野昌磨
女子:坂本香織、樋口新葉、白岩優奈

この大会にネイサン・チェン(米国)が1戦目として出場します。
そして女子はアリーナ・ザギトワ(ロシア)が!
男女とも強敵が出場しますが、頑張ってほしいですね。

第4戦 カップオブチャイナ 開催地:重慶

■日程
2019年11月8日(金)~11月9日(土)(日本時間)
男女のシングルSPは8日、男女のシングルFSは9日

■日本人出場選手
男子:田中刑事
女子:宮原知子、本田真凛、三原舞依

三原選手は体調不良でスケートカナダを欠場が決まっています。
この中国大会も体調を見ながらということで、もしかすると欠場となるかも…。
ISU史上初となる4回転サルコーに成功したカザフスタンのエリザベート・トゥルシンバエワの他にロシアの選手が3人も出場する、女子にとってはとても厳しい大会となりそう。

男子は平昌オリンピックで6位入賞、2019年3月の世界選手権では銅メダルを獲得したビンセント・ジョウ(米国)そして私は嵐の相葉くんに何となく似てると思っているボーヤン・ジン(中国)が気になる…(;´∀`) え?藤井隆さんにも似てる?確かに。

この投稿をInstagramで見る

@skategraaamがシェアした投稿 -

第5戦 ロシア大会ロステレコムカップ 開催地:モスクワ

■日程
2019年11月15日(金)~11月16日(土)(日本時間)
男子のシングルSPは15日、FSは16日
女子のシングルSPは16日、FSは16~17日にかけて

■日本人出場選手
男子:宇野昌磨、友野一希
女子:宮原知子、白岩優奈、横井ゆは菜

宇野君、宮原選手は2戦目です!
メドベージェワ、トゥルソワといったロシアの選手、ビンセント・ジョウ選手もこのロシア大会に出場します。

第6戦 日本大会NHK杯 開催地:札幌

■日程
2019年11月22日(金)~11月24日(日)(日本時間)
男女のシングルSPは22日、男女のシングルFSは23日
24日はエキシビション

■日本人出場選手
男子:羽生結弦、山本草太、島田高志郎
女子:紀平梨花、横井ゆは菜、山下真湖

グランプリシリーズ6大会の最終戦、この大会でファイナル進出選手が決まります!
男子は日本とロシアの戦いですね。

フィギュアグランプリファイナル進出選手を予想してみる

気になるのはやはりファイナル進出が誰になるのか?ですよね。
まず男子は羽生君、宇野君、ネイサン・チェン選手は固いと予想します♪

私がいちばん応援している羽生君、先日のオータムクラシック2019では4回転ジャンプを積極的に跳んで優勝と今期も好調みたいです!
第2戦のカナダ大会と第5戦のNHK杯の出場メンバーを見るとかなりの確率で優勝は間違いなさそう!
15ポイントずつで合計30ポイント獲得できるんじゃないでしょうか。

ライバルのネイサン・チェン選手は第1戦の地元アメリカ大会と第3戦のフランス大会に出ます。
フランス大会は宇野君も出場しますね~。
希望としては宇野君に優勝してほしいけど…どうかな。
チェン選手も両大会とも優勝で合計30ポイント獲得と予想します。

そして、宇野君は今季フィンランドで行われた国際大会フィンランディア杯ではまだジャンプが本調子ではなくショート2位、フリーでまとめて優勝しましたね。
本人は反省点の多い試合だったということで、練習を積んで調子を取り戻してくれれば、チェン選手と戦うフランス大会で2位なら13ポイント、ロシア大会では最高難易度の4回転ルッツを跳ぶビンセント・ジョウ選手が強敵ですが2位までには入って欲しい!ということで、13ポイント、合計26ポイント獲得なるか!?

男子の残る3人は誰なのか??
まず有力なのは世界選手権銅メダルのビンセント・ジョウ選手。
残る2人は難しい・・・けど、キーガン・メッシング選手、ボーヤン・ジン選手、それから希望としては山本草太選手に頑張ってほしいです。

続いて女子は、エリザベート・トゥルシンバエワ選手はカザフスタンですが、アレクサンドラ・トゥルソワ選手、アンナ・シェルバコワ選手とロシアの若手選手は4回転ジャンパーが多く、彼女たちのジャンプの出来は影響力ありそう。

ですが!日本には安定感抜群のトリプルアクセルを跳ぶ紀平選手がいます。
4回転ジャンプにも意欲的ということで期待できます。

そして平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ選手、今期のジャパンオープンで4種類の4回転ジャンプに挑んだアレクサンドラ・トゥルソワ選手といったメンバーがファイナルに進みそうです。

表現力と安定感で定評のある宮原知子選手にぜひファイナル進出を果たしてほしいです!

フィギュアグランプリシリーズについてのまとめ

何となくしかわからなかったグランプリシリーズですが、仕組みがわかって今年からはより楽しめそうです。

各国で予選があって、決められた代表枠があって、本大会で戦うという構図ではなく、国の枠など関係なくポイントで争うこのグランプリシリーズは本当の意味でフィギュアスケート世界一を争う大会という気がします。

未分類
スポンサーリンク
きなこをフォローする
まめメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました